自動車 査定 一括

MENU

車の買取の際の付属品について

車の買取の際の付属品についてですが、新車を購入した時には、付属品がついてきます。 車の付属品とは、車の取扱説明書や整備手帳、保証書、スペアキーなどです。
車の買取査定の際に、付属品が揃っていると、査定にプラスとなります。車の取扱説明書や整備手帳・保証書などは、車検証などと一緒にダッシュボードに入れてあると思います。
中古車を購入した場合は、購入時に車の取扱説明書や整備手帳などがないこともあります。
購入の際には、付属品は何が揃っているのか確認しておきましょう。
車の整備手帳には、車の今までの整備状況を把握することができるので、これがあると査定士への印象も良くなるでしょう。
新車で購入した際には、付属品の管理をしっかりしておきましょう。

 

いずれ買い換えとなる時に、付属品があると、車の買取査定にプラスとなることを覚えておきましょう。
もし付属品を失くしてしまった場合は、正直に査定士に伝えましょう。査定にはマイナスとなってしまいますが、隠してもバレることなので、査定時に隠さず申告しましょう。
車の付属品は、買取査定の前に準備して揃えておきましょう。
そして、車の買取査定の時には忘れずに持っていきましょう。